Vegena Travel
 
languageEnglishSpanishJapan
 
ニュース
Come to Bulgaria
 
Member of:
BTC
JATA
 
 
homenews for travel in Bulgaria news
 
ブルガリアの観光に関するニュース


17 Dec 12
ブルガリアに於ける4世紀のゴート族の生活に関する前史時代の人工物 2011年に古代ローマ時代のニコポリス・アド・イストルムの都市で金銀細工のジュエリーを作る為の粘土製の鋳型が発掘されました。考古学者は金銀細工のジュエリーを作る為の粘土製の鋳型がゴート族の特徴的な物だと思います。3世紀のゴート族の攻撃によってバルカン半島、アナトリア島、キプロス島まで崩壊されて、東ローマ帝国と古代アテネとスパルタの都市が占領されました。考古学者はギリシャ語からゴート語での最初の聖書翻訳を発案した、その為にゴート文字を作ったウルフィラ、ゴート人司教のパレスは古代ローマ時代のニコポリス・アド・イストルムの都市にあったと格言しています。古代ローマ時代のニコポリス・アド・イストルムの都市はローマ軍がダキアを占領した後、102年に成立されましたが、3世紀のゴート族の攻撃によって占領されました。

10 Dec 12
2011年の七月にブルガリアのヴェリコ・タルノヴォ市にある聖ペトロと聖パウロ修道院の 遺跡の中に聖人の描かれたフレスコ画が発見されました。フレスコ画は14世紀の物です。あるフレスコ画に聖ゲオルギオスの肖像、その他の物に人間の姿と神父さんの肖像が見えます。考古学者によるとその聖人の描かれたフレスコ画は当時の有名なイグナティウス司教の頃の物です。イグナティウス司教は1438年のフィレンツェ公会議に参加した司教団体員で、東方正教会とローマ・カトリック教会の再合同の決議の討議に参加して、決議のサインもしました。

03 Dec 12
2012年の八月に古代ローマ時代のセルディカの都市、現在ブルガリアのソフィア市の中心部の地下に1世紀頃の大きい丸太が発掘されました。発掘物はローマ軍隊のバラックの角材だったと考えられます。顕著な考古学者の一人が新しい発掘物はソフィア市の地下にローマ時代の都市だけがあって、トラキア人の町は決してなかった証拠だと主張しています。

19 Nov 12
ペルシティツァ行政区はブルガリアのペルシティツァ市にある有名な赤い教会の名残りを修復と保存する欧州連合の計画の実現を始めました。情報センターの建物とその中の写真と情報文書の展示会場又はブルガリアの観光ツアーの観光客の為の徒歩道路は2012年の終わりに出来上がります。赤い教会はビザンティン帝国の皇帝アナスタシウス1世(491年 - 518年)在位の頃に建てられただろうと思われます。当時の大きさは32メートル掛ける25メートルでした。

05 Nov 12
2012年の六月にブルガリアのソゾポル市で紀元前4世紀の225枚の青銅貨が入ってる粘土製の器が発掘されました。コインの片方の面にはギリシャ時代のアポロニアの都市のシンボル、海船の錨があって、多方面にアポロニアの都市のパトロンである神、アポロの肖像があります。考古学者はこのコインは金融に入っていなかった、真に珍しい物だと思います。コインは弔う賃ではなくて、宝として持つ物でした。ギリシャ神話の冥府の神ハーデスの渡し守であるカローンは生者の領域、異界と死者の領域、冥府とを峻別しているステュクス川とアケローン川で死者の霊を小舟で彼岸へと運んでいます。死者の口の中に1オボロス銅貨又はダナケ銅貨を含ませて、カローンに死者の霊を運ぶ渡し資を払う習慣がありました。

16 Oct 12
2012年の五月に考古学者はブルガリアのブルガス市の黒海海岸の近くに後期古代時代の4〜6世紀の教会を発掘しました。発掘が始まった理由は冬に海の波に洗われた下水設備の付いてある古代ローマ時代の住宅だった建物の跡が見えてきたのです。

08 Oct 12
2012年の八月にブルガリアのペルペリコンで金貨と銀貨の宝物が発掘されました。その中にビザンティン帝国の14世紀の金貨、14〜16カラット、4.4グラムずつのペルペロス11枚とイタリアのヴェニスの13世紀の銀貨が入っています。ビザンティン帝国のパレオロゴス王朝のアンドロニコス2世とアンドロニコス3世とミカエル9世の皇帝はペルペロス金貨の鋳造をさせました。当時はペルペロスとも言う、1ヒペルペリオノスの金貨で牛の群が買える値段でした。

24 Sep 12
2012年の8月30日のニューヨーク・タイムズ新聞に「ブルガリアの首都ソフィアで36時間」と言う記事が載せられました。新聞記者はソフィア市を面白くて、生き々としている都市だと書いています。記事の中にソフィアの建築や19世紀にオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝が下さったツァー・オスヴォボディテル中央通の有名な黄色い石畳や前史時代の歴史博物館並びに共産主義時代の銅像の博物館や国立文化宮殿に近い恋人の橋で開かれる野外写真展や野外中央市場で野菜と果物を売ってある女性達やブルガリアの伝統的なホロと言う民族舞踊のレッソンを取った事や、ブルガリアの独特なバルカン風の味のグリール焼きの肉、胡瓜入りの冷たいヨーグルトスープ又は牛の胃袋の暑いスープ等について読む事ができます。

03 Sep 12
ブルガリア国立ラジオ放送局の情報では2012年5月16日にブルガリアのソフィア市にある国立文化宮殿でギネス世界記録の書籍に記録される申請をした、民族衣装を着ている、333人のバグパイプ演奏者が参加した感心なコンサートが行われました。演奏者は四千人の前で九分の内に八つのロドピ山脈地方の民族音楽の曲を演奏しました。バルカン半島では以前としてバグパイプの独特な音楽が若者の集り、村町の祭り、結婚式、洗礼式の時に演奏されていました。「これをブルガリア人である誇りとするもう一つの理由です。」とコンサートを準備した生きる為の芸術基金の代表、サナ・アルシュビが解釈をしました。

30 Jul 12
2012年の五月に考古学者は黒海の海岸にあるソゾポル市の要塞の城壁の発掘中に煌びやかな飾りのある、西欧の騎士貴族の短刀を発見しました。短刀は20センチの刃と煌びやかな飾りのある柄の物で、西欧の騎士貴族が14世紀のソゾポルの要塞の攻撃中に落としたと認定されます。

23 Jul 12
2011年の六月にブルガリアのヴェリコ・タルノヴォ市にある聖ペトロと聖パウロの修道院の遺跡の中に15世紀の宝石入りの銀の指輪が発掘されました。宝石は茶色と白の玉髄で、彫刻は頭に冠を被っている男の姿です。

09 Jul 12
2011年にブルガリアのペルペリコンの遺跡の発掘中に古代のジュエリー、3世紀のフィビュール・アグラファと言うブローチが発見されました。ブローチは青銅とガラスで製造されて、ガラスの中に12光線の12個の小さい星が入れてあります。古代では貴族婦人がアグラファ・フィビュールのブローチを左の肩に衣服を留める為に付けていました。

02 Jul 12
2012年の五月にブルガリアのリラの僧院の中に東方正教の聖人のイコン展が開かれました。リラの僧院はブルガリア最大で、最も有名な修道院です。リラの僧院は10世紀に創設されて、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。リラの僧院はブルガリアの観光ツアーの観光客をひきつける要所と成っています。

28 Jun 12
ブルガリアのプレスラフ町の近くにビザンティン帝国の皇帝ロマノス1世レカペノスの在位頃のコインは発掘されました。ヴェリキ・プレスラフの都市は9〜10世紀にブルガリアの首都でした。コインの表に髭のある、王冠を被ってあるビザンティン帝国の皇帝ロマノス1世レカペノスの顔の肖像があって、裏にゴルゴタの丘の十字架形の十字架があります。今まで世界中に発見された同様のコインは2枚のみで、ロンドンとロシアのサンクトペテルブルグの歴史博物館の所蔵です。

25 Jun 12
ブルガリアとローマニアの観光ツアーをご覧に成ると、ブラン城又はドラキュラ城ガ入っています。www.world-most-expensive.comによるとこのお城は1億3500万米ドルの値段で世界で最も高いお城の二番目で、最も高い固定資産の十五番目に成っています。ドラキュラ城はトランシルヴァニアとワラキアの国境監視所と関税を徴収する場所と、オスマン帝国のトルコ侵略軍を止める要塞に成る為に14世紀に建てられました。ブラン城の最初の持主の一人、ヴラド・ドラキュラ公は残酷で容赦のない支配者でした。

21 Jun 12
ブルガリアのソゾポル市にある聖ニコライ教会の遺跡の中に胸に鉄棒に刺されている、吸血鬼(バンパイア)だった人と考えられる700年前の男性の骸骨が発掘されたと2012年6月6日のデイリー・テレグラフ新聞に書いてありました。骸骨はソフィアの国立歴史博物館に展示されて、ブルガリアの観光ツアーの観光客がご覧で着ます。 ある考古学者の考えでは死んだ人間が吸血鬼(バンパイア)に成らない為か、悪意ある、兇悪な人から守る為の ブルガリアの古いペイガン信仰の式典の証拠です。 最も有名な吸血鬼はルーマニア・トランシルヴァニアのヴラド・ドラキュラ公です。

04 Jun 12
ブルガリアのバラの谷のカザンラック市にあるバラ・油脂植物研究所の所長ネドコ・ネドコフの話によると、ブルガリアは2012年に2011年に生産されたローズオイル(バラ油)より300キロ多くて、1500キロのローズオイルを生産する予定です。 ブルガリアのバラ畑の面積は3600万平方メートルだと発表されています。

21 May 12
ルーマニアの考古学者は2012年の三月に西ルーマニア・ダキア地方の古代のサルミゼゲトゥサ要塞の遺跡の地下に強大な部屋を発見されたという発表が有りました。サルミゼゲトゥサ・レギアは1200メートルの高地、山の頂上に建設されたダキア王国の首都でした。ローマ帝国のトラヤヌス皇帝は105年にダキア王国の領内に突入して、 サルミゼゲトゥサを占拠して破壊しました。ダキア王国の首都の戦術的な防衛システムに6箇所の要塞、サルミゼゲトゥサ、ブリダル、ピアトラ・ロシエ、コステシュティ、カプルナ、バニツァが含まれています。ダキアの6箇所の要塞群は1999年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

14 May 12
エルサレムのイエス・キリストのお墓の上にあるアナスタシウス円形教会付きの6世紀の金の指輪がブルガリアのルセ市の近くに発見されました。ブルガリアの観光ツアーの観光客は歴史博物館でご覧できます。

09 May 12
2012年に世界中に750万人が読むナショナル ジオグラフィック雑誌の「続 いつかは行きたい 一生に一度だけの旅」の項目で初めてブルガリアの文化のツアーがあり、「ブルガリアの文化の華美・芸術、葡萄酒,伝統のツアー」題名の記事が載せられた。ツアーの中にユネスコの世界文化遺産に登録されている主な所、ヨーロッパの最古の物である新石器時代の紀元前六千年のスタラ・ザゴラのテル古墳、紀元前4世紀のカザンラックのトラキア古墳、10世紀のリラ修道院、13世紀のフレスコ画で有名なボヤナ教会を訪れます。

07 May 12
ブルガリアのプレヴェン市の郊外にある泉の近くに古代時代のコインが2343枚 入っている粘土の器が発掘された。考古学者はビザンティン帝国のコムネノス王朝の年代、1141年頃のコインだと認めました。

13 Feb 12
ヴェリコ・タルノヴォ県のアルバナシ村にある現行の聖母マリア聖天の修道院は14世紀に作られた物である。ブルガリアの観光ツアーの観光客はアルバナシ村にある聖母マリア聖天の尼寺の教会で処女マリアのイコンをご覧できます。

06 Feb 12
ルセ市に近い、ユネスコの世界文化遺産である有名なイヴァノヴォの岩窟修道院 から15キロメートルにある15世紀のバサルボヴォ修道院はブルガリアのただ一つの現行の岩窟修道院です。

12 Jan 12
バックパッカーのランキングによりますと、ソフィアのツアーはヨーロッパ低予算旅行の中ではトッポになりました。この情報は2012年1月10日にアメリカのwww.priceoftravel.comに載せてきました。

09 Jan 12
14世紀(ブルガリアのイヴァン・シシュマン王の時代)の銀硬貨3枚と粘土の食器が発掘されました。それらは2011年11月30日にアポロにア・ポンティカ要塞の東門の近くにある教会の遺跡で見つかったものです。

04 Jan 12
アポロにア・ポンティカ要塞の東門の近くに、城壁の外、兵士の墓地と6世紀の教会の遺跡が見つかりました。

19 Dec 11
2011年11月27日にブルガリアにある紀元前7世紀のアポロにア・ポンティカ要塞の東門が発掘荒れました。そのよう、7メートルの高い城壁で囲まれている要塞は完全に見えてきました。

12 Dec 11
2011年11月18日にブルガリアのキプラ市では紀元前1600年の粘土の食器が発掘されました。それらは有名な13世紀のバルチ・トラン黄金に似ています。現在、デブニャ博物館で展示されています。

05 Dec 11
ブルガリアのスタラ・ザゴラ市の近くに考古学的発見がありました。2011年10月にアウグスタ・トラヤナというローマ時代の町では3世紀建立の建物の床モザイクが見つかりました。それはディオニソスと二人の踊りの女性を表すものです。

03 Jan 11
バラ祭り2011年度のご案内 5月28日 - カルロヴォ 6月4日  - ӝ

26 Nov 10
バラ祭り2011年度のご案内 5月28日 - カルロヴォ 6月5日  - ӝ

 

 

© 2001 VEGENA Travel. Created by Saturn.com